学校比較

「東京中央日本語学院(TCJ)大阪校」評判と口コミ

更新日:

はじめに

日本語教師になるためのカリキュラムがある専門学校、東京中央日本語学院(TCJ)大阪校。

こちらではTCJ大阪校の特徴や、評判、実際学校に通っている方の口コミをご紹介していきます。

東京中央日本語学院(TCJ)大阪校の特徴

【特徴】
TCJは1988年より日本語学校も運営している、日本語教育に専念・特化した日本語教育のプロフェッショナルな学校。大阪では数少ない日本語教育一本の学校のため、日本語教育の専門性も高く、実践的な授業で学べるのではないでしょうか。

東京に新宿・信濃町校の2校がありますが、2019年10月大阪校が新たに開設されました。外国人受け入れ体制が強化された日本にとって急務である日本語教師の育成をすべく、TCJは講座の質を第一に校舎を新設したようです。関西エリアの方にとっては嬉しい限りですね。

留学生に日本語を教える方法・考え方を効率的に学べるよう、併設している日本語学校で培った30年以上のノウハウの蓄積を日本語教師養成講座に取り入れているようです

【eラーニングコース】
大阪校はeラーニングコース(※実技は通学が必要)のため、自宅にいる時や通勤通学のスキマ時間にいつでも・どこでも予習復習できます。ビジネスマンや子育て中の方でも時間を有効活用できるのが大きなメリットです。

公式ホームページでeラーニングを体験できるようです。

さらに、TCJの420時間コースは文化庁の認定を受けており、法務省告示校をはじめさまざまな国内・海外の日本語教育機関で日本語を教えることができる資格と認められています。文化庁認定かどうかは、日本語教師を目指す方なら必須項目ですね。

公式ウェブサイト
https://日本語教師.jp.net

通学者に聞く!東京中央日本語学院(TCJ)大阪校のココが魅力!

東京中央日本語学院(TCJ)の口コミをいくつかご紹介します。

TCJは「講師全員が現役の日本語教師」と説明会で聞き、授業や講師の質を第一に考えていた私は、授業見学で質の高い授業を目の当たりにしTCJ大阪校に決めました。授業中も現役講師ならではの体験談や、やりがい・大変さ等も教えてもらい、教科書だけでは知り得ない情報をふんだんに知ることができています。他校ではブランクのある講師が授業を行うこともあるそうですが、TCJでは安心して授業を受けられています。

模擬授業の時間数がとても多く、今まで教壇に立ったことが無かった私でも自信がついてきました。TCJは「1回40分程の模擬授業が1年間で10回程」あり、時間換算すると「計400分程」一人当たりに割り振られています。模擬授業後はクラスメイト・講師よりフィードバックまであります。人前に立つことが苦手で、はじめは自信のなかった私ですが、フィードバックのおかげでどんどん上達しています。

受講環境がとても良いのが魅力。学校は、大阪梅田駅の「梅田阪急百貨店のオフィスタワー21階」。主要路線からも通学しやすく、ビルや学校自体がとても綺麗。自宅やカフェ等では中々集中できない私は、大阪校内のPCルーム(パソコンがセットされ仕切りで区切られている自習室)を利用しています。空き教室も開放されているので、ケースによって使い分けもしています。個人的には、自習室が完備されている受講環境は学校選びの大切な選択肢です。

東京中央日本語学院(TCJ)大阪校の良い評判、悪い評判

通学生へのインタビューでは、こちらの学校を選んだ理由に、通いやすさ・安心感をあげている方がいます。

TCJ大阪校では「5つのポイント」が提示されています。

「授業振替・再受講 3年間のサービス期間」

平日・土曜日に授業があり振替が可能です。再受講は、出席した授業も回数制限なく再度授業を受けることができます。日本語教師になってからでも、再度授業を受けられるのは安心ですね。

「eラーニング視聴や教室・自習室利用サービス 3年間」

3年間はeラーニングが繰り返し視聴可能で、授業の予習・復習としても活用できます。苦手科目だけもう一度確認したい時等、便利なシステムです。教室利用では模擬授業の練習や教育実習前に教室でリハーサルができ、本番に臨めます。授業の予習・復習、eラーニングの視聴、検定試験の勉強等、自習室の利用が3年間あるのは嬉しいサービスです。

「ダントツの受講環境」

大阪梅田駅、梅田阪急百貨店のオフィスビルで主要路線からもアクセスしやすい立地。また、非常に綺麗なフロア・教室や自習室が用意されています。

「安心の就職サポート」

業界の特徴や最新の傾向についての情報提供や、幅広い就職先・インターンシップ先を紹介してもらえます。

「模擬授業のこだわり、徹底した準備フォロー」

TCJは回数にすると約10回、1回あたり一人に約40分模擬授業の時間に割いています。そのため非常に濃厚な模擬授業に取り組むことができます。

一方、マイナスイメージとしては、「長年日本語教育に携わっている企業だから杞憂かもしれないが、大阪での就職の実績がなく不安。」「他校と比べ振替できる曜日が少ない(その分受講スケジュールはシンプルでわかりやすい)。」といった声もあるようです。
日本語教育専門校として実績を残し続けているスクールであるため、就職等に関しては、心配する必要はないと思われます。

ここがポイント、東京中央日本語学院(TCJ)大阪校

TCJ大阪校は、
日本語教師養成講座として【eラーニング420時間コース】があります。受講料金は以下の通り(入学金、教材費・税込)。

・eラーニング420時間コース      : 484,000円
・eラーニング420Wライセンスパック  : 519,000円
・検定対策ゼミ                             : 55,000円

他校と比べると比較的リーズナブルな価格で良心的です。また随時、早期割引等のキャンペーンも行われており、時期や併用内容によっては最大50,000円以上OFFになるようです。

価格も学校選びの大切な一つですが、TCJは上記でお伝えしたように価格以上の付加価値が多数ある学校です。

 

まとめ

TCJ大阪校についてご紹介しました。

専門学校選びはカリキュラムの内容だけでなく、通いやすさや、講師との相性も交えてじっくり選んでいきましょう。
実際に通っている、あるいは通っていた方の口コミ情報や評判も参考にしてみてください。

東京中央日本語学院大阪校の資料はここからも取寄せが可能です。

日本語教師養成講座 徹底比較

日本語教師になるには、文化庁が指定する420時間コースを修了することが1番早く、確実な方法です。420時間コースを提供している日本語学校を分かりやすく比較していきます。

まずは資料請求をしてみてください。資料の中身はもちろんですが、資料が届くまでのスピードが重要です。利用者目線に立ったサービスを展開しているのか、こういった所がそのスクールの考え方が如実にでてきます。

資料の到着が遅い、営業電話がすごい。こういったスクールは避けといたほうが良いかもしれません。

 

東京中央日本語学院(TCJ)評判 口コミ

東京中央日本語学院の詳細サイトへ
  • TCJは実習が多く、実際に教壇に立ち、経験を積めたのが良かったと思います。
  • 外国人と交流する、外国人に日本語教えるというまさに根っことなる部分の経験がTCJでできました。
  • 他のスクールに比べ、校舎の雰囲気が開放的で通うのが楽しかったです!
  • 資料が他のスクールよりもわかりやすく、無料体験講義も非常に分かりやすく楽しかったのが決め手です。

インターカルト日本語学校 評判 口コミ

インターカルトの公式ページへ
  • インターカルトは講師の授業が面白く、引き込まれました。
  • 知識詰め込み式の授業を行わないところがインターカルトを選ぶ理由になりました。

千駄ヶ谷日本語教育研究所 評判 口コミ

千駄ヶ谷日本語教育研究所の公式ページへ
  • 将来日本語教師として教壇に立つ、という強い覚悟をすることができました。
  • 社会人の私が無事に卒業できたのも、転職先を見つけることができたのも、この学校と講師のみなさん、良い仲間たちに囲まれたからだと感じています。

人気記事

1

はじめに 日本語教師になるためのカリキュラムがある専門学校、東京中央日本語学院(TCJ)。 こちらでは東京中央日本語学院(TCJ)の特徴や、評判、実際学校に通っている方の口コミをご紹介していきます。 ...

2

はじめに 日本語教師として働いてみたいと考えている方は少なくありません。では日本語教師という職業の需要はいかほどなのでしょうか? 当たり前ではありますが、日本語を学びたいという希望を持っている生徒がい ...

3

はじめに 日本語教師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。 日本語教師と一口に言ってもその職場はそれぞれ異なります。職場が違えば日本語を教わる生徒も違いますし、その目的も異なってきます。日本語教師 ...

-学校比較

Copyright© 日本語教師養成講座の比較サイト , 2020 AllRights Reserved.