日本語教師

「日本語教師」は海外で活躍できる?

更新日:

はじめに

海外で日本語教師として働く場合、国や雇用条件、また期間など、さまざまな選択肢があります。国の違い、あるいは雇用主の違いによって条件が異なってくるので、まずは情報収集が必要となります。

こちらでは日本語教師が海外で活躍するための概要を説明していきます。

海外でどんな風に働く?

日本語教師として海外で働く場合、大きく分けると2つのパターンがあります。一つはボランティアとして無給で働くこと。もう一つは有給で現地の大学や日本語学校などの専門学校、及び企業に雇用される形の2パターンです。就職先やボランティアを探す場合は、まずは自分の目的や希望を元に考えてみましょう。

たとえば、

  • 将来、英語も教えられる日本語教師になりたい
  • 英語を学びながら日本語を教えたい
  • 日本語教師としてキャリアアップしたい
  • 豊かではない国でボランティアをしたい
  • 外国人の友だちを作りたい
  • 海外で長期的に生活するために日本語教師になりたい
  • 海外の大学で日本語を教えたい
  • 海外の子どもたちに日本語を教えたい
  • 日本人のいない異国で暮らしてみたい
  • お金よりも日本語教師としての経験を積むために海外で働きたい

自分の希望をより具体化して突き詰めて考えてみると、検討している就職先が自分の望んでいる条件や志向性に合っているかどうか、ある程度判断できるはずです。英語を学びたいのであれば英語が公用語になっている国がベターですし、他の言語であっても同様です。

一般企業で職を得たいのか、大学などの教育機関なのか、あるいは民間の語学学校なのかというところでも求められる教師能力が異なってくるため、応募資格を確実に確認しなくてはなりません。その上で、就業期間や待遇など個別の条件を吟味し応募すると良いでしょう。

どんな就職ルートがある?

日本語教師として海外での就職を望む場合、いくつか方法がありますが、やはりメインは自分で求人情報を探すことになります。

インターネットを利用する方法に加え、日本語教師養成学校に所属している方であれば就職センターの求人情報も活用できるでしょう。また、一般企業の求人情報の中にも日本語講師に関するものがあり、現地法人として働く職員を募集しているケースもあります。他に、日本語教師海外派遣といった、海外でのボランティア活動やインターンシップを通して日本語教師として活躍する方法もあります。

たとえば、BBI日本語教師ネットワークのように、海外の学校( 小・中・高・大学・日本語学校等)と提携し、日本語や日本文化など、日本に関わる事柄を外国語と日本語を使って教えるプログラム「日本語教師海外派遣プログラム」を開き、参加者を募集しているケースがあります。

派遣先となる国や期間は様々ですが、まずはボランティアでも良いから海外の現場を体験したい、あるいは現地の習慣やライフスタイルを間近で見たい、といった目的がある方には良いチャンスとなります。今まで海外に行ったことがない方、日本語教師としてのキャリアが浅い方、現地の言葉を勉強したい方などにとっても有効です。
※申し込みには費用がかかります

一方、インターネットを利用して求人を探す場合、日本語教師の多数の求人情報が以下の主要サイトに集められるので、定期的に情報収集を行うようにしましょう。

国ごとの日本語教師事情

日本語教師として海外で職を得るには、その国の日本語学習者数が重要になってきます。さらにその国の情勢や勤務条件も加味しなくてはなりません。

例えば国際交流基金が発表した2012年のデータによれば、日本語学習者数がもっとも多いのは中国人で、約100万人となっています。次いでインドネシアの87万人、韓国の84万人、オーストラリアの29万人、台湾の23万人と続いています。こうしてみると東アジア3国が圧倒的であることがわかります。英語圏はオーストラリアのみですね。

中国の場合、もとより日本語教育市場が大きく、日本語教師の求人が多くありました。しかし昨今では就労ビザの厳格化により、4年制大学を出ていないと就職が困難になっています。加えて日本経済の浮き沈みによって学習者数が大きく変動することも相まって、求人数は減少傾向となっています。

一方、欧米圏はオーストラリアが29万人、アメリカが15万人と日本語学習者数は少なくないものの、現地の求人数が非常に少ない点が特徴的です(一説にはアジア圏とは日本語学習に対するモチベーションが異なるためと言われています)。加えて英語が話せること、就労ビザの獲得が難しいことなど、条件的にはかなり厳しいものがあります。

なお、昨今では東南アジア諸国との関係が親密化しており、日本語学習者数、日本への留学生数が共に増加しています。もともと学習者数の多かったインドネシアに加え、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピンといった国々では、現地の求人数も多く、日本語教育の注目度が上昇しています。

これらの国々の一部、例えばインドネシアやフィリピンでは、経済連携協定(EPA)に基づき、看護師・介護福祉士の日本受け入れが実施されており、キャリアビジョンの見通しが明確になってきています。今後も日本人の人口減少や高齢化の進行から、外国人受け入れの体制がより整備され、現地の日本語教育の環境整備と比例して求人数が増えてくると予想されます。東南アジアの国々は、日本と比べると物価は安く、温暖で暮らしやすく、なにより就労ビザも取得しやすいことから、日本語教師の就職先として今後ますます注目を集めていくでしょう。

まとめ

日本語教師として海外で働くことは、必ずしも国内で働くよりもハードルが高いというわけではありません。国によっては、短期間で就職が決まったり、物価価格を考慮すると国内よりも給与が高かったり、より責任ある仕事を任せられたりと、国内の企業や教育機関で働くよりも、待遇面も社会的地位も高い可能性があります。しかし、現地の生活を送る上で、外国語の取得は必須となるでしょうし、現地の文化・慣習に馴染む必要もあります。また、国によっては就労ビザの取得は著しく困難を極めます。

何にせよ、海外で働くためには情報収集がより大切になってきます。日本はもちろんですが、希望する国の情勢や日本語教育会事情をしっかりと把握しておく必要があります。

日本語教師養成講座 徹底比較

日本語教師になるには、文化庁が指定する420時間コースを修了することが1番早く、確実な方法です。420時間コースを提供している日本語学校を分かりやすく比較していきます。

まずは資料請求をしてみてください。資料の中身はもちろんですが、資料が届くまでのスピードが重要です。利用者目線に立ったサービスを展開しているのか、こういった所がそのスクールの考え方が如実にでてきます。

資料の到着が遅い、営業電話がすごい。こういったスクールは避けといたほうが良いかもしれません。

 

東京中央日本語学院(TCJ)評判 口コミ

東京中央日本語学院の詳細サイトへ
  • TCJは実習が多く、実際に教壇に立ち、経験を積めたのが良かったと思います。
  • 外国人と交流する、外国人に日本語教えるというまさに根っことなる部分の経験がTCJでできました。
  • 他のスクールに比べ、校舎の雰囲気が開放的で通うのが楽しかったです!
  • 資料が他のスクールよりもわかりやすく、無料体験講義も非常に分かりやすく楽しかったのが決め手です。

インターカルト日本語学校 評判 口コミ

インターカルトの公式ページへ
  • インターカルトは講師の授業が面白く、引き込まれました。
  • 知識詰め込み式の授業を行わないところがインターカルトを選ぶ理由になりました。

千駄ヶ谷日本語教育研究所 評判 口コミ

千駄ヶ谷日本語教育研究所の公式ページへ
  • 将来日本語教師として教壇に立つ、という強い覚悟をすることができました。
  • 社会人の私が無事に卒業できたのも、転職先を見つけることができたのも、この学校と講師のみなさん、良い仲間たちに囲まれたからだと感じています。

人気記事

1

はじめに 日本語教師になるためのカリキュラムがある専門学校、東京中央日本語学院。 こちらでは東京中央日本語学院の特徴や、評判、実際学校に通っている方の口コミをご紹介していきます。 東京中央日本語学院( ...

2

はじめに 日本語教師として働いてみたいと考えている方は少なくありません。では日本語教師という職業の需要はいかほどなのでしょうか? 当たり前ではありますが、日本語を学びたいという希望を持っている生徒がい ...

3

はじめに 日本語教師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。 日本語教師と一口に言ってもその職場はそれぞれ異なります。職場が違えば日本語を教わる生徒も違いますし、その目的も異なってきます。日本語教師 ...

-日本語教師
-, ,

Copyright© 日本語教師養成講座の比較サイト , 2019 AllRights Reserved.