資格

日本語教師の資格取得にかかる費用

投稿日:

日本語教師の概要

日本語教師とはその名の通り、日本語を母国語としない国の方々に、外国語として日本語の文法や言葉遣い、会話法などをひとつひとつ分かりやすく教えていく専門性の高い職種です。

日本語教師の需要は、主にアジア圏や国内の日本語学校や、語学の専攻がある専門学校、または大学・大学院にあり、数多くの方が教師として働いています。

採用条件

日本語教師と名乗り、国内もしくは海外で収入を得て働くためには、国家資格ではないものの一定の経験や民間資格を取得して採用条件をクリアする必要があります。

日本語教師として働くために有資格者として認定されるためには、まず日本語教師養成講座にて420時間以上の教育を受けていること、そして日本語教育能力検定試験に合格していること、最後に大学にて日本語教育に関する科目の必要単位以上を修得して卒業していることの3つの条件があげられます。

学士(4年生大学卒業)を取得している方は、これらの条件の一つ以上を満たしていれば日本語教師になれますが、短大・専門卒の方は検定試験の合格が必須となります。ケースによって取得すべき資格が異なりますので、注意が必要です。

資格取得にかかる費用

そしてこれらの資格取得にかかる費用は以下の通りです。

  1. 420時間カリキュラムを養成講座にて受講する場合:約50万~70万円(通信の場合:約15~30万円)
  2. 日本語教育能力検定試験の受験料:10,600円
  3. 大学・大学院で日本語教育専攻または副専攻を学ぶ:年間約50~80万円

通信教育を提供しているスクールのカリキュラムやどういった大学で専門科目を専攻して学ぶのかによって授業料は変動します。

そしてひとつ注意しなければならないのは、日本語教育能力検定試験の合格だけでは、実情として採用されることは難しいという点です。検定試験はあくまで日本語教師としての知識を問うテストであるため、実践力が備わっているかどうかは、採用面接の際の模擬授業によって判断されます。すなわち、実践力が備わっていない方が、採用面接を突破できる可能性はほぼないということです。

そのため、養成講座あるいは大学・大学院にて実践力を養う必要がありますが、最低でも(養成講座の場合)70万円程度の費用が必要であると考えておくと良いでしょう。費用は一度に全額支払う必要があるというわけでもないので、分割払いや奨学金の活用、さらに還付金や割引サービスを導入しているところもあるので情報を集めてお得に通うこともできます。

しかし費用が安いということばかりに気をとられずに、実際にそこで学ぶことで得られるものが多い学校や講座を選ぶことも大切です。学校や通信教育といっても多種多様です、実際に現場で実習ができたり、就職サポートや試験勉強のフォローや模擬試験なども丁寧に対応してくれる講師や教授のいる環境であり、なおかつ自分の通いやすい場所や時間帯に開講されていて、無理なく単位を修得できるところを見つけることが望ましいです。

日本語教師養成講座 徹底比較

日本語教師になるには、文化庁が指定する420時間コースを修了することが1番早く、確実な方法です。420時間コースを提供している日本語学校を分かりやすく比較していきます。

まずは資料請求をしてみてください。資料の中身はもちろんですが、資料が届くまでのスピードが重要です。利用者目線に立ったサービスを展開しているのか、こういった所がそのスクールの考え方が如実にでてきます。

資料の到着が遅い、営業電話がすごい。こういったスクールは避けといたほうが良いかもしれません。

 

東京中央日本語学院(TCJ)評判 口コミ

東京中央日本語学院の詳細サイトへ
  • TCJは実習が多く、実際に教壇に立ち、経験を積めたのが良かったと思います。
  • 外国人と交流する、外国人に日本語教えるというまさに根っことなる部分の経験がTCJでできました。
  • 他のスクールに比べ、校舎の雰囲気が開放的で通うのが楽しかったです!
  • 資料が他のスクールよりもわかりやすく、無料体験講義も非常に分かりやすく楽しかったのが決め手です。

インターカルト日本語学校 評判 口コミ

インターカルトの公式ページへ
  • インターカルトは講師の授業が面白く、引き込まれました。
  • 知識詰め込み式の授業を行わないところがインターカルトを選ぶ理由になりました。

千駄ヶ谷日本語教育研究所 評判 口コミ

千駄ヶ谷日本語教育研究所の公式ページへ
  • 将来日本語教師として教壇に立つ、という強い覚悟をすることができました。
  • 社会人の私が無事に卒業できたのも、転職先を見つけることができたのも、この学校と講師のみなさん、良い仲間たちに囲まれたからだと感じています。

人気記事

1

はじめに 日本語教師になるためのカリキュラムがある専門学校、東京中央日本語学院。 こちらでは東京中央日本語学院の特徴や、評判、実際学校に通っている方の口コミをご紹介していきます。 東京中央日本語学院( ...

2

はじめに 日本語教師として働いてみたいと考えている方は少なくありません。では日本語教師という職業の需要はいかほどなのでしょうか? 当たり前ではありますが、日本語を学びたいという希望を持っている生徒がい ...

3

はじめに 日本語教師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。 日本語教師と一口に言ってもその職場はそれぞれ異なります。職場が違えば日本語を教わる生徒も違いますし、その目的も異なってきます。日本語教師 ...

-資格

Copyright© 日本語教師養成講座の比較サイト , 2019 AllRights Reserved.