420時間コース

420時間コースの修了は就職に有利?

更新日:

はじめに

日本語教師になるための講座として、専門学校などでは420時間カリキュラム、あるいは420時間コースを受講できます。この420時間コースですが、仮に受けていなくとも日本語教師として働く道はあります。一方で420時間コースを受けた場合、果たして就職にはどのような影響を及ぼすのでしょうか。

日本語教師養成講座は、学校ごとにいくつかのコースが設けられています。例えば東京中央日本語学校なら「420時間コース」や「実技単科コース」、日本語教育能力検定試験の合格を目指す「検定対策ゼミ」が、アークアカデミーなら「420時間総合コース」と「420時間WEB講座」、千駄ヶ谷日本語教育研究所には、「420時間総合課程」や、「入門コース」といったものがあります。

こうしてみると420時間コース以外の講座を受けてもよいのではないか?と思われるかもしれません。しかし、日本で一般的にみられる日本語教師の求人の多くは、「420時間コースの修了」「検定試験の合格」「大学での日本語科目の専攻、あるいは単位取得」のいずれかを満たすことが求められているため、420時間コース以外を修了(検定試験対策コースを終え、検定試験に合格すれば話は別ですが)しても、求人応募の際に"資格"として認められることはなく、就職においてはアドバンテージになり得ません。

就職に強いのはどんな学校?

420時間コースを修了しさえすればどんなところにも就職できる、というわけではありません。420時間コースの修了は講師を募る側にとって一つの通行手形のようなものです。つまり420時間コースを終えた上で、かつ日本語教師としての資質が備わっているかどうかを見極められます。

420時間コースとは、文化庁の示しているシラバスを基に、学校ごとに教材化・講座化されたカリキュラムです。こうした背景により、420時間コースに各学校の「色」が出てきます。加えて、学校の方針や講師の質、授業の進め方などでさらに違いが生まれ、講座を学ぶ本人の経験と日本語教師としての資質と相まって、一人の日本語教師の誕生を見るのです。

例えば都内の日本語教師養成学校の場合、概して下記のウィークポイントが存在します。

・授業が教科書に沿った定型的な内容で面白くない
→自分で興味を持ち掘り下げていく意欲が必要
・講師の質がまばら
→受講生の質問に対して的確な返答ができない講師もおり、ほかの講師に教えを乞う必要も出てくる
・教師の給与面での待遇が厳しい(実力や能力が反映されにくい)
→就職後の問題点
・実習の担当講師がなかなか集まらない
→実習を行うにはそれなりのコミュニケーションスキルが必要。経験を積んだ"デキル"ベテラン講師の不在
・大学でも授業を行っている学歴が非常に良い講師が働いている学校もあるが、養成講座の受講生が大学で教えることは極まれ
→受講する講座のレベルが高くないと就職先も限られてくる

こうした学校ごとの弱点を踏まえ、まずは学び舎探しを失敗しないことがよい就職先を見つける第一歩です。

個別の学校評価

それではどんな学校の420時間コースが就職有利になり得るのか、各校のウィークポイントから類推してみましょう。

1.千駄ヶ谷日本語教育研究所
→講師陣のレベルの差が小さくなく、講師によっては質問に対する的確な回答をもらえない場合がある
2.インターカルト日本語学校
→受講生の感想や学校の評判がほとんど出回っておらず不透明な部分が多い
3.アークアカデミー日本語教師養成講座
→受講生の数が少なく、やや活気にかける
→一人当たりの模擬授業の回数が少なく(1~2回)、教壇に立つのが不安になる
4.アルファ国際学院
→受講するコースによっては授業料がかなり高額になる
5.東京中央日本語学校
→日本語教師に関する情報を偽りなく公開しており、カウンセリング時に想像していた日本語教師像が変わってしまう場合がある
→講師・授業の質が高い分、予習・復習を行わないと授業についていけなくなる場合がある
6.KEC日本語学院
→教育実習は、日本語に慣れた外国人相手に授業を行う
→実習、演習を50回以上体験できると謳っているが、実際には導入の基礎部分だけを繰り返す
→文化庁の規定では授業の総時間数が315時間必要であるが、教育訓練給付金の公開データをみると267時間しかなく、基準を大幅に下回っている
7.ヒューマンアカデミー
→実際の授業内容や講師陣の質が、ネームバリューほどではない
→講師の質にバラつきがある
→クラスによっては1クラスあたりの人数が40名近くになる
→実習の際の学生役が近所の外国人であったり、実習する受講者の知り合いだったりすることがある
→実習の内容が担当講師によって変わる 例:初級だけ2~3回行う講師と、初級1~2回+中級1回を行う講師など

どの学校にもマイナスポイントはあるようです。

いずれにしても自分の実力が磨かれ、十分に伸ばしてくれそうな学校を選ぶべきです。通うのが楽そう、修了証が簡単に取得できそう、といった動機ではなく、就職先を見据えて選択していきましょう。

就職に直結する、理想の420時間コースとは?

例えば下記のような条件に当てはまる420時間コースであれば、在学中はもちろん、修了後も役に立つ知識や考え方を身に着けることができると言えます。それらをベースとすれば就職先を見つける際にも、可能性は広がっていくでしょう。

1.講師の質が高いこと。ベテランの講師が多く、講師同士での意見交流も密で、経歴の浅い講師をサポートしている
→講師のばらつきがなくなり、受講者は誰に教わっても安心。
2.実技授業が、「基礎」部分までの学習で完了せず、「応用」まで考えられたカリキュラムとなっている。
→東京中央日本語学校のように、いわゆる老舗と呼ばれる学校では、長年のトライ&エラーで、就職した後までを見据えた実践的な内容となっているケースがあります。就活面接の際の模擬授業や、講師として教壇に立った際の応用力が格段に上がっていくでしょう。反面、学校の規模が大きくなるほどカリキュラムや授業内容がマニュアル化され、教科書通りの""実践で活きない""授業になる傾向が強くなります。
3.日本語教師養成講座の講師に関しても研修を行っている
→講師の質にもつながりますが、すべて講師任せではなく、まずは学校として方針を伝え、カリキュラムに一貫性を持たせることは生徒が育つ環境として最適です。

まとめ

420時間コースが就職に及ぼす影響について紹介してきました。420時間コースを受けていても受けていなくても、日本語教師にはなることは可能です。しかし420時間コースを修了した場合、就職へ有利に働くことは間違いありません。それは実技能力の十分な養成が叶うことと、420時間コースの修了を募集条件として挙げている就職先が少なくないからです。

日本語教師養成講座 徹底比較

日本語教師になるには、文化庁が指定する420時間コースを修了することが1番早く、確実な方法です。420時間コースを提供している日本語学校を分かりやすく比較していきます。

まずは資料請求をしてみてください。資料の中身はもちろんですが、資料が届くまでのスピードが重要です。利用者目線に立ったサービスを展開しているのか、こういった所がそのスクールの考え方が如実にでてきます。

資料の到着が遅い、営業電話がすごい。こういったスクールは避けといたほうが良いかもしれません。

 

東京中央日本語学院(TCJ)評判 口コミ

東京中央日本語学院の詳細サイトへ
  • TCJは実習が多く、実際に教壇に立ち、経験を積めたのが良かったと思います。
  • 外国人と交流する、外国人に日本語教えるというまさに根っことなる部分の経験がTCJでできました。
  • 他のスクールに比べ、校舎の雰囲気が開放的で通うのが楽しかったです!
  • 資料が他のスクールよりもわかりやすく、無料体験講義も非常に分かりやすく楽しかったのが決め手です。

インターカルト日本語学校 評判 口コミ

インターカルトの公式ページへ
  • インターカルトは講師の授業が面白く、引き込まれました。
  • 知識詰め込み式の授業を行わないところがインターカルトを選ぶ理由になりました。

千駄ヶ谷日本語教育研究所 評判 口コミ

千駄ヶ谷日本語教育研究所の公式ページへ
  • 将来日本語教師として教壇に立つ、という強い覚悟をすることができました。
  • 社会人の私が無事に卒業できたのも、転職先を見つけることができたのも、この学校と講師のみなさん、良い仲間たちに囲まれたからだと感じています。

人気記事

1

はじめに 日本語教師になるためのカリキュラムがある専門学校、東京中央日本語学院。 こちらでは東京中央日本語学院の特徴や、評判、実際学校に通っている方の口コミをご紹介していきます。 東京中央日本語学院( ...

2

はじめに 日本語教師として働いてみたいと考えている方は少なくありません。では日本語教師という職業の需要はいかほどなのでしょうか? 当たり前ではありますが、日本語を学びたいという希望を持っている生徒がい ...

3

はじめに 日本語教師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。 日本語教師と一口に言ってもその職場はそれぞれ異なります。職場が違えば日本語を教わる生徒も違いますし、その目的も異なってきます。日本語教師 ...

-420時間コース
-, , , , , , ,

Copyright© 日本語教師養成講座の比較サイト , 2019 AllRights Reserved.